COOL JAPAN

木の素材感を最大限に活かした国産材パネル。

木の息吹、生命の躍動感
自然素材ならではのぬくもりや美しさ、肌触り、香りを五感を使って心ゆくまで堪能できるクールジャパン。
樹々の個性と住まう人の感性が心地よく響きあい、時の経過とともに深みを増していきます。木の持つ趣が豊かな暮らしをお届けします。

GOOD DESIGN

「グッドデザイン賞」受賞。

「グッドデザイン賞」は財団法人日本産業デザイン振興会が主催する、
総合的なデザインの推奨制度です。
「杉・桧スクエアタイプ」は2010年度グッドデザイン賞、「杉 ボーダータイプ」は2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。

JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2015

「JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2015」
受賞。

「ウッドデザイン賞」は、木の良さや価値を再発見させるや取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。
国産材意匠壁「クールジャパン」がハートフルデザイン部門/建材・部材分野で
2015年度ウッドデザイン賞を受賞しました。

クールジャパンの特長

1. 意匠

木の素材感を最大限に活かし、
飽きのこない空間を演出します

自然素材を身近に感じられるクールジャパン。450㎜モジュールの方型の「スクエアタイプ」、長尺3mで壁一面の印象を変えられる「ボーダータイプ」、
壁下地からの厚み19.5㎜の薄型「スリムタイプ」の3タイプをご用意しています。
※凹凸加工のデザインバリエーションは、タイプによって異なります。

素材感を活かした味わい深い凹凸加工を施しており、昼間は自然光で国産材ならではの木肌の風合いを味わえます。

間接照明で陰影を浮かび上がらせ、ダイナミックな印象にすることもできます。光と影の織り成す表情をお楽しみください。

経年による色変化は自然素材ならではの味わい

クールジャパンは時間経過とともに色合いが変化していきます。これは、ほんものの自然素材の証でもあり天然木ならではの風合いをお楽しみいただけます。

  • ※ボーダータイプ、スリムタイプには一部日焼け防止処理品もご用意しております。

一枚一枚に刻まれた樹々の個性

杉やヒノキは木のやわらかさ・癒しを表現しやすい素材であり、節や木目、色のばらつきなどのキャラクターは、どれひとつとして同じものはありません。天然木の時を経るほどに深みを増す個性が、愛着という価値を生み出します。

木の“ 呼吸” は、天然木の証

クールジャパンは無垢材です。木が持つ、水を吸ったり、吐いたりする機能により寸法が少し変化します。その際に小さな割れが発生する場合があります。

  • ※経年変化により素材の色合いは変化していきます。自然素材ならではの風合いをお楽しみいただけます。
  • ※この商品は国産材(一部に間伐材を活用)を使用しております。節や入り皮等がございますが品質には問題ありません。
  • ※無垢材のため割れや反りが発生することがあります。

2. 調湿建材

杉・桧の調湿機能により、
一年を通じて快適な居住環境をつくります

木の資質を熟知した匠の技術によって、調湿機能を最大限に引き出すことができました。木が持つ香りや手触りと相まって、快適な空間を生みだします。

①厚みのあるデザインが調湿性能をアップ

杉や桧の細胞内腔や細胞壁が水分を吸放湿し、室内の湿度変化を抑えます。ボーダータイプ、スクエアタイプは、調湿機能を最大限に活かすために、厚みを持たせたデザインにしています。

②施工上の工夫、独自の加工技術で、効率よく吸放湿

壁から浮かせてすき間を作って施工することで、表面や側面だけでなく裏面からも吸放湿します。また、ボーダータイプは背面に1.5cm間隔でスリットを入れ、木口面を多くすることでさらに調湿性能を高めています。

③木そのものが持つ、調湿のメカニズム

木材は微細な細胞から成り立つ多孔質材料であり、周囲の環境に合わせて水分をゆるやかに吸放湿し、室内の湿度変化を抑える働きがあるのです。クールジャパンは、このような木材の性質を最大限に活かした調湿建材です。

④調湿機能を最大限に引き出す目地巾

ボーダータイプは取り付けブロックの向きを変えることで、2㎜と10㎜、二種類の目地巾を設定することができます。10㎜ の目地巾では調湿機能を最大限に引き出すことができます。

木質素材として初の「調湿建材マーク」を取得

近年、住宅の気密性が高まる中で、結露やカビの繁殖が問題になっており、(一社)日本建材・住宅設備産業協会では調湿建材を客観的に評価し、一定以上の性能を有するに「調湿建材認定マーク」を表示する制度を運用しています。
※スクエアタイプ、ボーダータイプはこの調湿建材認定マークを取得しています。

香り成分が放つ多様な効果

杉や桧が香るのは、フィトンチッドと呼ばれる精油成分によるものです。日本酒の樽に杉を用いるのは、香りづけだけではなく、杉のフィトンチッドによる防腐効果を利用しています。また、桧のフィトンチッドに含まれるピネン類やテルペン類には、抗菌作用や防虫効果があるとされています。

3. 森への配慮

木の国、日本。その財産<杉・桧>を活用する。

日本人は古くから木に親しみ、木の文化を創り上げてきました。なかでも杉は日本の固有種であり、学名の“Cr yptomeria japonica”(クリプトメリア・ジャポニカ)は「隠された日本の財産」を意味します。また、桧は「檜舞台」という言葉があるように、最高級の木材として知られています。朝日ウッドテックは、「木の恵み」を受けてきたメーカーとして、日本の森に目を向け、美しさと快適性を兼ね備えた、環境配慮型調湿建材を開発しました。国産材を活用した商品を提供し、日本、そして地球の環境を守りたい。それが、私たちの想いです。

国産材を活用し、地球温暖化を防止

計画的に間伐・伐採、植林を行い、成熟した木を伐採して木材として活用し、CO2の吸収が多い若い木を新しく植えることは、地球温暖化の防止にもつながります。

林野庁が取り組む「木づかい運動」へ参加。

林野庁では、国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、CO2をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。気づかい運動ロゴマークは、国産材を利用したに付けられる環境貢献の証のマークです。