Black Walnut

無垢材そのものの本質美 × 複合フローリングの高機能性

混じり気のないピュアな天然木「無垢材」を厚さ2㎜に鋸で挽いた「挽き板」に加工し、表面化粧材として使用した、
Live Natural Premiumで創造する新しい床材カテゴリー「無垢材挽き板化粧フロア」のシリーズです。

木の生命が息づく天然木複合フローリング。

床材に適した美しい樹種の発掘と環境に配慮した良樹の安定調達、各樹種に応じた木味活性化処理と突き板意匠の開発、その木味をピュアに保つ塗装技術・・・。熟練工の手が加わることで、自然が創りだしたみずみずしい木肌や鮮やかな木目を愉しんでいただけます。


木の特徴を知る
ブラックウォルナット
世界三大銘木の一つにあげられるブラックウォルナット。その重厚感ある風合いから、ヨーロッパではルネッサンス時代より家具用材として親しまれ、特に17 世紀中葉から18 世紀にかけては、家具史の中で「ウォルナット時代」と呼ばれるほどに人気を独占。今日でも、人気、価格とも最上位ランクに位置づけられています。心材は褐色から紫褐色で、不規則な濃淡の縞を持つことが多く、辺材部は幅が狭くて黄褐色。肌目はやや粗いものの、美しい光沢を示します。特徴的なのは材面の表情。柾目面はリボンを重ねたような濃淡の縞模様を成し、他方、板目面は風雪を物語るかのように、濃い紫褐色の木目が変化に富んだ模様を描きます。こうした色・艶・表情が生む風格に加え、木材成分(タンニン)の影響で、使い込むほどに渋みを増す経時変化の美しさもこの材が愛される理由の一つ。
産地 北アメリカ
分類 温帯広葉樹・クルミ科

樹の物語

床にも育てる喜びを。

ブラックウォルナットは、北アメリカ東南部を原産地とする広葉樹。
ウォルナットは、世界三大銘木のひとつとされ、その重厚な風合いと優れた材質でヨーロッパではルネッサンス時代最高級の家具材としての地位を確立。

現在も時を超えて人々を魅了し続けています。ところでウォルナットを日本語にすると、クルミ。子孫繁栄の象徴でもあり、アメリカのウェディングパーティーではライスシャワーならぬウォルナットシャワーを行ったりもするようです。
歳月を経るほどに渋みを増していき、美しい表情の変化を楽しめるブラックウォルナット。子や孫を育てるように、床も時間をかけて大切に育てていくものなのかも知れません。