Ash

無垢材そのものの本質美 × 複合フローリングの高機能性

混じり気のないピュアな天然木「無垢材」を厚さ2㎜に鋸で挽いた「挽き板」に加工し、表面化粧材として使用した、
Live Natural Premiumで創造する新しい床材カテゴリー「無垢材挽き板化粧フロア」のシリーズです。

アッシュをお選びいただける商品

木の生命が息づく天然木複合フローリング。

床材に適した美しい樹種の発掘と環境に配慮した良樹の安定調達、各樹種に応じた木味活性化処理と突き板意匠の開発、その木味をピュアに保つ塗装技術・・・。熟練工の手が加わることで、自然が創りだしたみずみずしい木肌や鮮やかな木目を愉しんでいただけます。


木の特徴を知る
アッシュ
アッシュは、日本ではタモと呼ばれ、粘り強く弾力があり、「たわむ木」という言葉が転じてその名になったとも伝えられています。適度な硬さと材として扱いやすい性質から、集成材として柱や階段材など建築材料の他、家具や楽器、運動用具などに幅広く使用されています。色は心材が灰褐色や淡黄褐色で、辺材が淡黄白色。環孔材であるアッシュは、製材すると通直ではっきりとした、特徴的な木目が現れます。しかし決して男性的な雄々しいものではなく、あくまでも女性的なやさしい表情で和ませてくれます。さらには年輪が表情を彩るとともに、ピンノット(葉節)の周辺では杢の乱れから独特の照りが発生することも。アッシュの木肌の美しい表情はもちろん、ユニークな素材感をも木のキャラクターとして存分に味わってください。
産地 北アメリカ
分類 モクセイ科

樹の物語

四大銘木。

アッシュは、ウォルナット、オーク、マホガニーと並ぶ四大銘木と呼ばれることもあります。比重は高め、重厚で強度が強く、衝撃にも強い木材です。
木取りの効率がよく、加工性もよいので、古くから人間の暮らしの中で使われてきており、現代でも建築用材、造作材、家具、楽器、バット等の運動用具など、幅広く利用されています。

日本の住宅では2000年頃まで、その強度と色合いから、アッシュが多用されていました。
集成材にして、階段の踏み板・手摺、カウンターの天板に一番多く使われていましたし、壁材に銘木合板を使っていた1960~80年頃の時代には、柾目使いのピーリング(75㎜など等間隔に溝が入った壁・天井用仕上げ材)で最も人気の高い樹種でした。近年、フローリング使用での人気が高まってきており、少し大柄のはっきりした板目に節が混じり、その独特の個性が人を惹きつけます。