環境と住まい手に配慮した商品づくり

コンセプト

ECO

地球環境と住まい手に配慮した商品づくり

私たちは木質建材メーカーです。商品づくりを通じて、地球環境の保全と快適な住生活環境の実現に貢献することが使命であると考えています。具体的行動の一つを紹介します。主力商品の床材において、環境配慮型に進化させた「エコフロア」をつくりあげました。環境と地域社会に配慮した木材調達の推進という方針のもとに調達した「持続可能な木質部材(※)」を、持てる技術力を駆使して有効に活用し、意匠性に優れ、健康に配慮し、永く快適にお使いいただける床材を実現しました。当社が製造する床材を、お客様のニーズに応じて、順次エコフロアに進化させているところです。
(注)「持続可能な木質部材」
・森林認証材
・環境保全や地域社会の利益につながる植 林木
・国産材
・エンジニアードウッド(MDF、パーティクルボード)
・森林の諸機能が発揮されるよう適切に管理された森から出た木材
※朝日ウッドテックの定義

木材調達と商品づくりを通して森林保全に貢献します

私たちがつくる製品の主原料は木材です。ところで、木を伐採して使うことは環境破壊でしょうか。実はそうではありません。世界遺産に登録されているような守るべき原生林は除きますが、森を健全な状態に維持するためには、成長した木をそのまま放置するのではなく、必要に応じて伐採し、切った分だけ植林する、あるいは、天然更新させることが必要です。このような健全な状態の森を、「適切に管理された森」と言います。私たちが、世界中から調達している木材は「適切に管理された森林」から産出された木材です。 また、木材加工工場で発生した端材や建築解体などのリサイクル木材を原料とする木質ボード(MD Fやパーティクルボード)も積極的に利用しています。私たちは、使ってよい木と使ってはいけない木を見極めて、使ってよい木を調達し、素材の力を最大限に引き出した最高の商品の提供を通じて、森林保全や生物多様性の保全に取組んでいます。

基材に森林認証材を使用した商品の例

Live Natural Premiumの基材構成

基材にリサイクル木材を使用した商品例

Live Natural e-coreの基材構成

国産材を活用した意匠壁

COOL JAPAN ボーダータイプ